「包茎」を正しく知ろう

■仮性包茎
包茎に「仮性包茎」を含めると、日本人の60%程度が、包茎の状態です。 勃起時には亀頭が露出し、平常時でも手で剥くことができるのが、仮性包茎です。病気ではなく放っておいても問題はないのですが、包茎手術の対象になります。 臭い、性的な面での敏感さ、亀頭の成育阻害、見た目などが問題になりますが、病気ではないので、気にするかは人次第です。

 

■真性包茎
亀頭が露出しない、もしくは、ほんの少ししか頭を出さないのが、真性包茎です。こちらは性行為や排尿などに支障が出ますし、亀頭を洗うことも困難です。これゆえ保険適用による治療もできます。 国際的には、むしろこれを「包茎」といい、仮性包茎は問題にされないことも多いです。

 

■カントン包茎
こちらは、包茎の種類というより、ある状態を指します。包皮輪と呼ばれる包皮の開口部が、ペニスを締め付けてしまい、剥けたままもとに戻らなくなる状態です。 この状態になると激しい痛みが生じるだけでなく、組織の壊死などを招きます。こちらも保険適用で治療できるものです。

 

■治す必要は?
仮性包茎では、どうするかは全く個人の考えです。気にしないで清潔にしていればそれで良いという考えもあります。 真性包茎や、カントン包茎は、治して下さい。見た目を良くするとか、性行為の質を上げるとか、そういった目的がなくても、治療を受けましょう。